TOP日本のプロレスNoah 2010年代の大会 →Noah:Noah Matches 2020 part.2

Noah:Noah Matches 2020 part.2の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@GHCヘビー級王座戦:潮崎豪(ch)vs.齋藤彰俊(6/14/20)
 齋藤は重さがあり、パワーがある。
 しかしそれを年齢というハンデの前に
 武器として押し出すのは違うのではないか。

 潮崎が現役であり王者である中で、
 腕攻めで潮崎に対抗するにしてもやり過ぎている。

 潮崎も苦悶の表情は良いしチョップの効果も弱まっているのは表現としては良いですが、
 試合構築面をある程度放棄することにもなっている。

 それを齋藤が担当できるなら全く問題ないですが、
 実際問題齋藤はそれが出来ていない。

 ベテランの強さで試合に臨んで良いのは
 田中等のコンディショニングができているレスラーだけ。
 齋藤はその実態を考慮すると
 衰え、弱さをある程度試合に組み込まないと成立しなかった。

 ドラマチックに作ろうという意識は良かったが、
 その作り方に関してもっと考えつくすべきでした。

 平均レベル。
 (執筆日:6/?/20)

AGJL準決勝:小川良成vs.ディック東郷(1/30/20)
 小川のグラウンドに翻弄されつつも
 それなりに試合を作れるのはベテランの安定感ですが、
 少なからず意味を感じるマッチアップで準決勝として舞台が与えられている割には
 余りに簡素で中身がありませんね。
 
 同日に決勝がある為に思い切って切り捨ててきたか。
 東郷自体のコンディションにも物足りなさを感じました。

 悪くない試合。

BJr.タッグ王座戦:HAYATA、YO-HEY(ch)vs.小川良成、鈴木鼓太郎(ノー・コンテスト)(5/9/20)
(カットあり)
 HAYATA、YO-HEYの軽快な攻防という長所を引き出しつつ
 足りない部分を小川、鼓太郎がしっかりフォローを入れる。

 ベテランvs.若手というほどでもありませんが、
 キャリア差が良い方向に働いています。

 最後はHAYATAが裏切って小川軍入り。
 HAYATAが余り攻撃を受けていない等伏線はあるものの、
 ストーリーの語り口としては弱いかな、という印象。
 この試合に至るまでの試合をフォローしていないせいもあるとは思いますけどね。

 平均より少し上。
 (執筆日:7/?/20)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@GHCヘビー級王座戦:潮崎豪(ch)vs.齋藤彰俊(6/14/20)
AGJL準決勝:小川良成vs.ディック東郷(1/30/20)
BJr.タッグ王座戦:HAYATA、YO-HEY(ch)vs.小川良成、鈴木鼓太郎(ノー・コンテスト)(5/9/20)