TOP日本のプロレス新日本プロレス 10年代の大会 → 新日本プロレス:ワールド・プロレスリング 2010年 part One

新日本プロレス:ワールド・プロレスリング 2010年 part Oneの分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@Jrヘビー級王座戦:タイガー・マスクIV(ch)vs.丸藤正道(1/4/10)
 序盤は軽やかな攻防。
 丸藤が適切に外していて、
 比較的地味ですが、しっかりしたレベルで進行していきます。
 中盤は丸藤が技をばらまく構築。
 不知火もあっさり決まりますね。
 タイガーは相変わらず受けで魅せれないので攻めを切り口に交わっていく。
 この2人の絡みとして試合を盛り上げるにはこういう方向しかないのだろうけれど
 それにしたって技に頼り過ぎです。
 雪崩式タイガー・ドライバーといった過激な技に走り、
 最後は安易なタイガー・フロージョンという新技でフィニッシュ。
 どんなに評価したってまあまあ良い試合が限度でしょう。
 (執筆日:11/11/11)

A棚橋弘志vs.潮崎豪(1/4/10)
 棚橋はゆるく縄を張りながらも
 主導を離さずに試合を構築しており
 中邑戦がまぐれではなく成長に裏打ちされた物だったと証明しました。
 潮崎もしっかり脚の痛みを表現しながらの攻めで良し。
 細かいニュアンスも加えれていますね。
 ただ両者共に特別なレベルに到達させるには今一歩足りない。
 それはやっぱり団体がこのカードを盛り立てて補佐すべきだったと思いますね。
 エース対決として煽ってメインに持ってくるべき。
 こんな位置でやるなら不透明決着の方が良かったですよ。
 せっかく2人が色気を纏えているんだから。
 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:1/6/10)

BGHC王座戦:杉浦貴(ch)vs.後藤洋央紀(1/4/10)
 杉浦は強さのイメージを纏ってからスタイルが硬くなりましたね。
 後藤が最初に見せた合気道要素を仮にスタイルにまで反映させていたら面白くなったのだろうけど
 王座に絡めないのもさもありなん、という淡白気味な試合運びで
 流行に安易にのっかった攻防を見せていきます。
 この2人が同ロープ走りなんかしてどうするのでしょう。
 平均より少し上。
 (執筆日:1/6/10)

CIWGP王座戦:中邑真輔(ch)vs.高山善廣(1/4/10)
 依然として重さは残る高山ながら
 間を取っているときのヨタヨタ感はひどいですね。
 そしてその残された重さという武器も一方的な展開の構築によりこれっぽちも活きていません。
 一方の中邑も反撃する武器、スピードとか手数とか
 何も出せないままでこちらも一方的な展開に甘んじます。
 最後は微妙に当たりが浅い劣化Verでグー・パンチ合戦を再現し、
 ボマイエの連発で激戦を気取っています。
 悪い試合。
 (執筆日:1/6/10)

DJrヘビー級王座戦:丸藤正道(ch)vs.プリンス・デヴィット(1/30/10)
 (予定)

EIWGP王座戦:中邑真輔(ch)vs.中西学(2/14/10)
 中西は受け身の出来に左右されないパワーが素晴らしいですね。
 また中邑よりよっぽど基本の出来たパワーの見せ方、緊張感の出し方もしている。
 カリスマ性は動かない事で創出し、試合は動く事で作り上げる。
 非常にトータル・パッケージに近い状態にあります。
 これにより中邑は大変厳しい状況に、逆に言えば面白い状況に置かれたんだけど
 相変わらずニー中心で変わらず、
 それ以外の細かい部分でもちゃんとインパクトを与えれていません。
 勝利への道筋を立てる事は出来ませんでしたね。
 スリーパーやフロント・ヘッド・ロックを使っていたけれど
 かつての唐突アーム・バーの方がまだ良かったですね。
 まあまあ良い試合。
 (執筆日:5/20/10)

FJrヘビー級王座戦:丸藤正道(ch)vs.金本浩二(3/5/10)
 金本は年で、その蹴りを重く扱うには無理があるし、技も狙い通りに出せていないですね。
 実体に相当しない、展開、試合時間でしたが取り合えずの形はつけれていますね。
 丸藤は打ち合い、雪崩式ベースの構築にNoahで慣れていますし、
 金本の意図を理解しようと努力し足りない部分を補っています。
 平均より少し上。
 (執筆日:5/20/10)

G1回戦:棚橋弘志vs.ストロング・マン(3/14/10)
 流石新日。
 当代一の塩をデビュー戦でメインに持ってくるという博打。
 ストロング・マンは簡単にウィップされなかったり、
 チョップで十分な音を出したりと意外にキャラを活かしています。
 棚橋も同じ知能レベルで向かい合い、勝ち目がない中での試行錯誤を見せます。
 実質エースとしては丸め込みもカウント2で返された後で
 どうフィニッシャーにまで持っていくかが見たかったけれど
 ストロング・マンをこれからも使っていく事を考えるとこの辺で抑えて正解なんでしょうね。
 少し悪い試合。
 (執筆日:5/20/10)

H中邑真輔vs.ストロング・マン(3/20/10)
 ストロング・マンがアピール・マッチを仕掛けます。
 それって中邑の正反対の世界だと思うけれど
 中邑は否定せずに、あろう事かこの新人に試合を任せます。
 受けで試合を作れる事を知らぬのでしょうか。
 ストロング・マンの頑張りはおかしいけど、まだ頑張ってるという点で救いがある。
 しかし中邑はひたすらにフィニッシュ含めひどい醜態を晒しています。
 記録的な、ひどすぎる試合。
 (執筆日:5/20/10)

注目試合の詳細

A棚橋弘志vs.潮崎豪(1/4/10)
  潮崎がロープに押し込む。
  棚橋の髪を触って離れる。
  棚橋がバックを取る。
  潮崎がハンマー・ロック。
  棚橋がドロップ・トー・ホールドからヘッド・ロックへ。
  潮崎がのがれハンマー・ロック。
  首をつかまれ回転するもハンマー・ロックに戻る。
  棚橋は起き上がるとアーム・ドラッグ。
  潮崎が体勢を入れ替える。
  棚橋は起き上がるとロープに押し込む。
  髪を触って離れる。
  組むと潮崎がヘッド・ロック。
  棚橋が力ではね上げようとするも無理。
  棚橋は起き上がるとパンチを入れハンマー・ロック。
  ヘッド・ロック。
  ロープに振られショルダー・タックルを決めるも潮崎は倒れない。
  潮崎がロープに走る。
  棚橋が伏せ、アーム・ドラッグ。
  潮崎がアーム・ドラッグで腕を取る。
  棚橋がすぐグラウンド・ヘッド・シザース。
  潮崎がすぐ跳ね上げる。
  仕切りなおし。
  ナックル・ロック。
  潮崎が押し込む。
  棚橋は起き上がると蹴りを入れる。
  わきの下に頭を入れスープレックス。
  潮崎が起き上がりチョップ。
  棚橋はロープにもたれるもフォア・アームズ。
  潮崎は平然として吼える。
  棚橋がフォア・アームズ。
  潮崎は平然としてチョップで落とす。
  場外に下りると棚橋を起こしてチョップ。
  DDT。
  スリング・ショットで鉄柱にぶつける。
  エプロンに寝かせるとニー・ストライク。
  5分経過。
  エプロンに上がると棚橋をセカンド・ロープに寝かせニー・ストライクへ。
  棚橋が受け止める。
  潮崎が焦り殴りつけていく。
  棚橋は引くもロープを潜ろうとした潮崎に低空ドロップ・キック。
  脚を取る。
  殴られるも耐えてドラゴン・スクリュー。
  脚を蹴りつけて引っ張る。
  潮崎が膝をつきながらチョップ。
  棚橋が脚に蹴りを入れていく。
  脚をかけて倒すと脚にエルボー・ドロップ。
  レッグ・ロック。
  抵抗する潮崎の脚を踏む。
  脚をけりつける。
  潮崎がチョップ。
  棚橋が脚を蹴り。
  潮崎がチョップ。
  棚橋が脚をけりつけていく。
  脚をロープにまきつけドロップ・キック。
  アッパーカート。
  ロープに巻きつけ引っ張る。
  レフェリーが注意。
  棚橋は余裕でレフェリーの方に対応。
  コーナーの潮崎に突進。
  潮崎がカウンターでスタンガン。
  ロープに走る。
  クローズラインをよけるとフライング・ショルダー・タックル。
  チョップを打っていく。
  棚橋は受け止めると脚を蹴り。
  ロープに走る。
  潮崎がカウンターでフライング・エルボー。
  もう1発。
  スーパー・キック。
  フィッシャーマンズ・スープレックス。
  カバーするもカウント2。
  起こそうとする。
  棚橋がアッパーカート。
  潮崎はチョップを打っていく。
  コーナーに振りチョップ。
  コーナーに振りチョップ。
  棚橋がエルボーを連打。
  潮崎が袈裟切りチョップ。
  もう1発。
  首裏を殴りつけていく。
  棚橋がコーナーで崩れる。
  潮崎はロープに走りニー・ストライク。
  セカンド・ロープからニー・ドロップへ。
  棚橋はかわして自爆させると脚に蹴り。
  太陽ブロー。
  ロープに振ろうとする。
  振り返されるもフライング・フォア・アームズ。
  カバーするもカウント2。
  バックを取る。
  潮崎がバック・エルボーを打ち込んでいく。
  棚橋はチョップ・ブロックで黙らせる。
  起き上がるのを待ってロープに走る。
  潮崎がカウンターでチョップ。
  棚橋はのけぞりながらも倒れずロープに走る。
  潮崎がカウンターでチョップ。
  棚橋はのけぞりながらも倒れずロープに走る。
  潮崎がカウンターでチョップを狙う。
  棚橋はよけるとスリング・ブレイドを狙う。
  潮崎はよけるとジャーマン。
  起き上がるのを待って袈裟切りチョップ。
  ローリング袈裟切りチョップへ。
  棚橋がカウンターで張り手。
  潮崎がスーパー・キック。
  ロープに走る。
  棚橋がカウンターでスリング・ブレイド。
  両者ダウン。
  エルボーの打ち合い。
  潮崎がもっと打ってこいよ、と胸を突き出す。
  棚橋がエルボー。
  潮崎がチョップ。
  棚橋が左右のエルボーを叩き込む。
  タイガー・ドライバーを狙う。
  潮崎は腰を落として耐える。
  棚橋は潮崎を起こすとバタフライ・スープレックス。
  ロープに走りスリング・ブレイド。
  ロープに走りもう1発。
  アピール。
  ハイ・フライ・フローへ。
  潮崎が両膝を立てて迎撃。
  潮崎も膝にダメージを負う。
  棚橋がエルボー。
  潮崎はチョップを打つとコーナーに座る。
  棚橋が脚にしがみつく。
  潮崎が袈裟切りを連打する。
  棚橋はぐらりとしながらも張り手を打ちコーナーにのぼる。
  エルボーを打ち込む。
  潮崎が打ち返しヘッド・バッド。
  雪崩式スラムを不十分ながら決める。
  カバーするもカウント2。
  袈裟切りからローリング袈裟切り。
  カバーするもカウント2。
  15分経過。
  ロープに走りラリアット。
  カバーするもカウント2。
  棚橋を起こすとボディ・スラム。
  ムーンサルト。
  膝の痛みに耐えながらすぐカバーするもカウントは2。
  ブレーン・バスターを狙う。
  棚橋はこらえると脚を蹴り。
  背中を殴りつける。
  潮崎が袈裟切り。
  ショート・レンジ・ラリアットへ。
  棚橋がよけドラゴン・スープレックスを狙う。
  防がれるもすぐにだるま式ジャーマンに持っていく。カウント2。
  エルボーの打ち合い。
  棚橋はアッパーカートへ。
  潮崎はチョップへ。
  打ち合い。
  潮崎はエルボーを連打しチョップへ。
  避けられるもローリング・チョップ。
  起こしてショート・レンジ・ラリアット。
  カバーするもカウント2。
  起こすと豪フラッシャーを狙う。
  棚橋がインサイド・クレイドルへ。
  潮崎は対応して起き上がると豪フラッシャーへ。
  棚橋は後ろに回るとドラゴン・スープレックス。カウント2。
  吼えるとロープに走りスリング・ブレイド。
  吼えて立ち上がった潮崎に低空ドロップ・キック。
  ファルコン・アロー。カウント2。
  ハイ・フライ・フロー。
  もう1発決め1,2,3!
  棚橋の勝利!

試合結果

@Jrヘビー級王座戦:タイガー・マスクIV(ch)vs.丸藤正道(新チャンピオン!)(1/4/10)
A棚橋弘志vs.潮崎豪(1/4/10)
BGHC王座戦:杉浦貴(ch)vs.後藤洋央紀(1/4/10)
CIWGP王座戦:中邑真輔(ch)vs.高山善廣(1/4/10)
DJrヘビー級王座戦:丸藤正道(ch)vs.プリンス・デヴィット(1/30/10)
EIWGP王座戦:中邑真輔(ch)vs.中西学(2/14/10)
FJrヘビー級王座戦:丸藤正道(ch)vs.金本浩二(3/5/10)
G1回戦:棚橋弘志vs.ストロング・マン(3/14/10)
H中邑真輔vs.ストロング・マン(3/20/10)