TOP日本のプロレスDragon Gate(闘龍門) →Dragon Gate:Best of Dragon Gate 2019 part.2

Dragon Gate:Best of Dragon Gate 2019 part.2の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

①オープン・ザ・ツイン・ゲート王座戦、ノーDQ:Eita、ビッグR清水(ch)vs.Kzy、堀口元気(8/24/19)
 ラダーを持ってきて出てきて場外乱戦。
 堀口がノーDQ用に表情、受身表現を変えてきているのが流石ですね。
 対するEitaも堀口の髪を切りる等十分に煽り立てて行きます。
 折角孤立シーンとするならホット・タッグでの勢いづけを利用すれば尚良かったですね。

 連続攻撃、切り返し合い、セコンド介入、ハードコア・スポット
 と幅広く見せ場を詰め込んできます。
 Kzyはここぞのスポットの見せ方が素晴らしく
 最大限効果を発揮するようにできていますね。

 入場時に予告していたラダーを終盤には持ってきて
 ラダー・トップからの迫力あるスポット。

 ただ一進一退の見せ方は弱く
 壮絶ではあったが、これで決まったんじゃないか、でもまだ決まらない、
 逆転するかもしれない、とかそういう観る者を揺さぶる力に乏しい。

 好勝負に少し届かず。

②オープン・ザ・ドリーム・ゲート王座戦Ben-K(ch)vs.YAMATO(8/24/19)
 Ben-Kがタフ・アーマーを活かして先手取る展開も
 YAMATOと比べると貫禄が足りず。
 YAMATOは表情の見せ方、色気の出し方が完璧。
 ここまで素晴らしいとBen-Kの朴訥であること、
 それは二面性がありますが、
 悪い部分、物足りない部分の方が目立ってしまいます。

 Ben-Kは怪力で場外に投げ落とし、
 自分の身を省みないスピアーで追撃したりと
 YAMATOに負けないように自分の色をしっかり追及しているので、
 クオリティには繋がっているものの
 相互にお互いを高めあう関係にまでは成り切れなかった印象です。

 終盤のダウン・カウントを入れた見せ方など
 ユニークなものも見られましたが、
 このカードはBen-Kがもう少し防衛を重ねてから見たかったですね。

 中々良い試合。

 (執筆日:9/?/19)

注目試合の詳細

なし

試合結果

①オープン・ザ・ツイン・ゲート王座戦、ノーDQ:Eita、ビッグR清水(ch)vs.Kzy、堀口元気(8/24/19)
②オープン・ザ・ドリーム・ゲート王座戦Ben-K(ch)vs.YAMATO(8/24/19)